挨拶代わりの“How was your day?”とその返し方 | 日常英会話

名古屋の英会話教室「受け放題」8800円えいごシャワー

英会話に限らず、「今日はどうだった?」から会話が広がることってありますよね。

今回は“How was your day?”と、それにセットになる、ある意味お決まりの英会話パターンをいくつか習いました!

“How was your day?”

“How was your day?”(今日はどんな日だった?)

に対しての簡単な返し方の表現をいくつか。
基本的には "It was OOO because..." という流れになりますが、"It was" を省略したりもするそうです。

  • “fine” (良かった)
  • “so-so” (まあまあかな)
  • “so nice / great” (とても良かった)
  • “quite good” (まあまあ良かった)
  • “not too bad” (悪くはなかったよ)
  • “not good” (良くはなかった)
  • “awful” (とてもひどかったよ)

返す際に、 ”And you?” や "How about you?" で聞き返すことで会話も繋がり、広がるそうです。
状況にもよりますが、「聞かれたら聞き返す」のがマナーというか、文化みたいなものとのことです。

会話例

A: How was your day?
(今日どうだった?)

パターン1

B: It was good because I found 100 yen on the road! 
(よかったよ!道で100円拾ったんだ!)

A: Lucky you!(よかったね!)

パターン2

B: It was not good because I had an exam today.
(あまり良くなかったです。今日はテストだったんだ。)

A: Oh too bad.
(残念だったね)

パターン3

B: It was awful! I had a bad haircut! 
(最悪!変な髪型に切られたんだ)

A:Oh too bad.
(残念だったね)

まとめ

“How was your day?”(今日はどんな日だった?)には "It was OOO because..."で返す!

日本語の「元気?」は、久しぶりに連絡をしたり会ったりした 相手に使うことが多いですが、 英語では挨拶言葉+”How are you?”がセットのようです。

特に、朝に一度顔を合わせた相手にもう一度会った時や、夜に食事の約束していた相手などに使うときに、“How was your day?” と過去形にするらしいです。

ちょっと英会話の幅が広がるフレーズなので、ぜひ覚えておきたいです!